神津 善之介 公式サイト

Gallery


 

神津善之介作品集 2014年

 

  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●cordoba 午後のパティオで


  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●cordoba パティオの花見猫


  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●patio de cordoba 紫陽花のパティオ


  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●santiago de compostela 太陽の匂い


  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●santiago de compostela ひっそりと暮らす君


  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●La Cartuja de Valldemossa ショパンノコイ


  • 2015年01月

    スペインというといつも情熱的な強い太陽に照らされた国のように思われがちですが、 そんな季節は一年の中でも5分の2程度です。あとは思った以上に長い冬が続きます。 それでもスペイン人は長い冬を堪え、光や生命や希望に満ち溢れる春や夏を心待ちにします。 今回私が描いた季節も殆どが春から夏にかけての光や...

    ●La Cartuja de Valldemossa 木陰と木漏れ日


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●Santiago de compostela 朝露と朝陽


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●Santiago de compostela 朝陽が溢れる橋


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●Santiago de compastela お気に入りのベンチ


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●Sanlúcar de Barrameda サンルーカルのパティオno.1


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●Patio de Cordoba ジャスミンと白壁とブーゲンビリア


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●Chipiona 夕陽の灯台


  • 2014年12月

    南はアンダルシアから北はガリシアまで旅をして、 私の好きなスペインを私なりの視点で切り取りながら描きました。 南では白壁と鮮やかな色の花に心を躍らせ、 北では夏に向け生命力に溢れる緑と光に心を奪われました。 そしてその気持ちを忘れないように、スケッチをもとにしながら仕上げました。 どの風景...

    ●PM8:35 Puerta del Sol そぞろ歩きの夕まぐれ


  • 2014年12月

    2015年の松屋銀座個展へ出品する作品はすべてスペインの風景です。 私の目にとまったスペインの風景を私の好きな季節や時間帯、 好きな光の加減、好きな切り取り方で描きました。 あらためて見てみると、全体を通してわりとモチーフによった風景(ズームした様な風景) が多いのですが、この5枚はその中で...

    ●闘牛場の夕暮れ Plaza de Toros de Las Ventas


  • 2014年12月

    2015年の松屋銀座個展へ出品する作品はすべてスペインの風景です。 私の目にとまったスペインの風景を私の好きな季節や時間帯、 好きな光の加減、好きな切り取り方で描きました。 あらためて見てみると、全体を通してわりとモチーフによった風景(ズームした様な風景) が多いのですが、この5枚はその中で...

    ●暁雲 Plaza de España , Sevilla


  • 2014年12月

    2015年の松屋銀座個展へ出品する作品はすべてスペインの風景です。 私の目にとまったスペインの風景を私の好きな季節や時間帯、 好きな光の加減、好きな切り取り方で描きました。 あらためて見てみると、全体を通してわりとモチーフによった風景(ズームした様な風景) が多いのですが、この5枚はその中で...

    ●黎明  Plaza de España , Sevilla


  • 2014年12月

    2015年の松屋銀座個展へ出品する作品はすべてスペインの風景です。 私の目にとまったスペインの風景を私の好きな季節や時間帯、 好きな光の加減、好きな切り取り方で描きました。 あらためて見てみると、全体を通してわりとモチーフによった風景(ズームした様な風景) が多いのですが、この5枚はその中で...

    ●朝焼け Jerez de la Frontera


  • 2014年12月

    2015年の松屋銀座個展へ出品する作品はすべてスペインの風景です。 私の目にとまったスペインの風景を私の好きな季節や時間帯、 好きな光の加減、好きな切り取り方で描きました。 あらためて見てみると、全体を通してわりとモチーフによった風景(ズームした様な風景) が多いのですが、この5枚はその中で...

    ●雨上がりの夕雲 Jerez de la Frontera


  • 2014年08月

    2014年、第4回リオンソープリュス展に出品した肖像です。 中くらいの方は転写シリーズの技法で描いた肖像で、 小さい方はモデルの顔を理解するための習作の一つです。 絵描きは写真家ではないので、描いているうちに描き手の解釈、想い、そして観念が入ってきます。 この私の「解釈、想い、観念」VS「モ...

    ●微笑み(クリスティーヌ習作)


  • 2014年08月

    2014年、第4回リオンソープリュス展に出品した肖像です。 中くらいの方は転写シリーズの技法で描いた肖像で、 小さい方はモデルの顔を理解するための習作の一つです。 絵描きは写真家ではないので、描いているうちに描き手の解釈、想い、そして観念が入ってきます。 この私の「解釈、想い、観念」VS「モ...

    ●クリスティーヌの肖像


  • 2014年02月

    2014年の伊勢丹個展用に描いた作品です。 個展のテーマは「緑」にしましたが、「光」は私の絵にとって不可欠なものなので、 これらの絵は光に主とした緑の風景です。 Despues de la lluvia : 雨上がり 27×41cm...

    ●Despues de la lluvia : 雨上がり


  • 2014年02月

    2014年の伊勢丹個展用に描いた作品です。 個展のテーマは「緑」にしましたが、「光」は私の絵にとって不可欠なものなので、 これらの絵は光に主とした緑の風景です。 Arroyo de Asturias : 小川のきらめき 50×65cm  ...

    ●Arroyo de Asturias : 小川のきらめき


  • 2014年02月

    2014年の伊勢丹個展用に描いた作品です。 個展のテーマは「緑」にしましたが、「光」は私の絵にとって不可欠なものなので、 これらの絵は光に主とした緑の風景です。 Atardecer : 光の向こう サイズ:81×120cm...

    ●Atardecer : 光の向こう


  • 2014年02月

    2014年2月の伊勢丹個展へ出品する作品です。 個展のテーマが「緑」なので、今描いている絵は基本的にほぼ緑の風景なのですが、 その風景の中に生き物を入れてみたくて描いた作品です。 息子でも鳥でも羊でも、生き物が入るととつぜん絵に物語性が出てくるように感じます。 私は絵を言葉に置き換えるならば...

    ●Las ovejas y amanecer 夜明けと羊


  • 2014年02月

    2014年2月の伊勢丹個展へ出品する作品です。 個展のテーマが「緑」なので、今描いている絵は基本的にほぼ緑の風景なのですが、 その風景の中に生き物を入れてみたくて描いた作品です。 息子でも鳥でも羊でも、生き物が入るととつぜん絵に物語性が出てくるように感じます。 私は絵を言葉に置き換えるならば...

    ●Pajaro en la luz de la mañana 朝陽と小鳥


  • 2014年02月

    2014年2月の伊勢丹個展へ出品する作品です。 個展のテーマが「緑」なので、今描いている絵は基本的にほぼ緑の風景なのですが、 その風景の中に生き物を入れてみたくて描いた作品です。 息子でも鳥でも羊でも、生き物が入るととつぜん絵に物語性が出てくるように感じます。 私は絵を言葉に置き換えるならば...

    ●Niño en Verde 緑の中の子供


  • TOP
    Information
    Gallery
    profile
    Column
    Diary
    Contact

        
    This site is available in Japanese only.
    We recommend you using a browser equipped with Japanese characters.
    当サイトに掲載されている画像および文章の無断転載・使用を禁じます。
    YOSHINOSUKE.NET is produced by YOSHINOSUKE KOZU.
    Copyright(C)2001-2015