神津 善之介 公式サイト

Gallery


 

神津善之介作品集 2011年

 

  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●AMANECER : 気仙沼に昇る朝陽(2011/05/14)


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●AMANECER : モンサンミッシェルに昇る朝陽(Mont Saint-Michel)


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●AMANECER : 雄鶏はもう鳴いた(Mont Saint-Michel)


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●ALBA-Fontainebleau 朝露は知っている


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●Luz de la mañana-Fontainebleau ある夏の朝


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●Luz de la mañana-madrid 朝陽と散歩する


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●ALBA 2-Fontainebleau 朝露は知っているno.2


  • 2011年11月

    今年で私は人生の半分をスペインで過ごした事となる。 日本では震災という大変な出来事が起き、また私にとっては初めての子供が生まれたこともあり、あらためてもう一度、自分自身のことや自分が歩いてきた絵の道を振り返ってみた。 光と影の国スペインに暮らす私は、今までいろいろと絵のスタイルは変わったが、共通...

    ●ALBA 3-Fontainebleau 朝露は知っているno.3


  • 2011年09月

    Less is More 2011-no1(黄色い花) 50×50cm...

    ●Less is More 2011-no1(黄色い花)


  • 2011年09月

    Less is More 2011-no2(チョコレートコスモス) 22×45cm...

    ●Less is More 2011-no2(チョコレートコスモス)


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●夏の日差しと紫の花:Santillana del Mar


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●夏の日差しと白い花:Honfleur


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●夏の日差しと青い花:Palma


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●アルファビアの夜明け : Mallorca


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●アルファビア,黄金色の朝 : Mallorca


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●アルファビアの静かな朝陽 : Mallorca


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●アルファビアの朝 : Mallorca


  • 2011年08月

    何年かに一度は初心を思い出す意味でも、自分の技術の変化(進化なのか劣化なのか?)を知る意味でも、昔描いた時と同じ場所で風景スケッチをします。 作品として絵を仕上げる場合は技術的にいろいろな底上げをすることが可能ですが、スケッチと言うものは誤魔化しが効かず、その時の自分が持っている力がはっきりと出る...

    ●ストーヘッドの夏 :Stourhead , Wiltshire


  • TOP
    Information
    Gallery
    profile
    Column
    Diary
    Contact

        
    This site is available in Japanese only.
    We recommend you using a browser equipped with Japanese characters.
    当サイトに掲載されている画像および文章の無断転載・使用を禁じます。
    YOSHINOSUKE.NET is produced by YOSHINOSUKE KOZU.
    Copyright(C)2001-2015