神津 善之介 公式サイト

TOP PAGE


EL CIELO DE SALAMANCA : サラマンカの空(虚と実)
162x162cm

変ご無沙汰しております。
スペインでも日本のことがニュースになっていましたが、
関西の台風から北海道の地震まで大きな災害が続きましたね。
大変だったことだろうと心配しておりました。
皆様はお元気しょうか?ご無事をお祈り致しております。こちらはマヨルカ島での個展に出す絵の制作に追われるも、
焦る気持ちとは裏腹になかなか思い通りに進まず、
まいっておりました。
しかもスペインは小学校が9月半ばまでが夏休みで、
毎日家に居る息子の襲撃も受け、テンパっておりました。それでもやっとメインになる絵が、
もうすこしで完成と言う段階まできたので、
このページも更新できた訳です。
ずっと更新できなくてすみませんでした。
新作はもうすぐアップしますので、少々お待ちを!!最近の私の口癖は「あぁーアシスタントが欲しいぃ!」です。
すべて自分一人でやっているので、
絵を描く以外のことでも結構忙しく、
ついつい叫んでしまいます。
ただ、暇を持て余した息子がそんな言葉を聞きつけると、
待ってました!とばかりに、「僕何でもやってあげるよ!!
なに何?!!何して欲しい?」とくるのです。
私は丁重にその申し出を断る。
「だ、大丈夫でございます。
どうぞどうぞご自分のお遊びに集中して下さいませ。」
日々、こんな感じの繰り返しでした。まぁ私が幼い時を思い返してもそうでしたが、
息子にとっても夏休みは楽しいとは言え、
友達ともたいして会えないし、大概の時間がヒマなのです。
だからヤツも時間を持て余して、私に絡んでくるのです。

短いですけど夏休み旅行にも行ったんですけどね。
ただそこでも私は絵の取材、息子はプール。
私は個展の打ち合わせ、息子は海。
・・・と言う訳で、あまり家族孝行はしてないのです。

さて、鳥取の倉吉美術館で開催されております
「前田寛治賞展」についてです。
先月には高島屋でもその賞発表をかねた展示を
1週間ほどやってましたが、
来月10月8日までは倉吉博物館で、
全ての出展作品を展示した展覧会を開催しております。

結構沢山観に行って下さった方々がいらっしゃって、
嬉しいご感想を頂きました。
私にとっては日本で初めてのコンクールでした。
私は会場には行けなかったのですが、
写真で見る他の画家の方々の作品は技術レベルが高くて、
関心すると共に勉強にもなりました。
もしお時間がございましたら、
いま上で掲載している「サラマンカの空」も展示してますので、
どうぞ観にいらして下さいませ。

さぁ、息子の学校も始まったし、
息子が居ない隙に絵を仕上げるぞぉーーーー!!!

神津善之介 拝

ギャラリー>新作 更新しました 2017/9/21


TOP
Information
Gallery
profile
Column
Diary
Contact

    
This site is available in Japanese only.
We recommend you using a browser equipped with Japanese characters.
当サイトに掲載されている画像および文章の無断転載・使用を禁じます。
YOSHINOSUKE.NET is produced by YOSHINOSUKE KOZU.
Copyright(C)2001-2015