神津 善之介 公式サイト

Gallery


 

神津善之介作品集 New

 

  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●Las Rosas 壁と薔薇


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●La Anémona 壁とアネモネ


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●La Margarita 壁とマーガレット


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●Las Olivas 平和の実


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●La Granada no.2 繁栄の実 no.2


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●La Granada no.1 繁栄の実 no.1


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●La Manzana 知恵の実


  • 制作年:2021年

    昨年は自分自身や絵と向き合う時間がいつもよりも多い年でした。 そして街を歩いているときに目に留まる景色も、いつもとは違うものに興味を引かれるようになりました。 そのなかで、特に私を惹き付けたものは、街の壁に描かれる「GRAFFITI」と呼ばれるストリートアートでした。 このコロナの影響で、スペ...

    ●La Manzana 希望の実


  • 制作年:2021年

    ポルトガルの第2都市、ポルトの港です。 ポートワインの樽を積んだ船が行き交う様を、静かに観ている息子の小さな背中を夕日 が黄色く染めていました。 私は彼の静かな眼差しに彼の成長を感じ、そして私のわがままに付き合って、スペイン で暮らし、ポルトガルを旅する息子に、少しの申し訳なさも感じました。...

    ●Porto 小さな孤独


  • 制作年:2021年

    カンタブリア州、サンティジャーナ デ マール村で出会った風景です。 ワインを傾けながら、夕餉を囲むカップルに、何か物語のようなものを感じ、描きまし た。 同時に青く薄暗い外光と、室内のオレンジのコントラストを描きたかったのだと思いま す。 小さな灯りに救われるという自分の気持ちが投影された...

    ●Santillana de Mar カンタブリアの夜


  • 制作年:2021年

    スケッチ作品として描いたものです。 これは実際の風景なのですが、オレンジ色の灯りに救いを求める私の気持ちが投影され た心象風景でもあります。 最近の私は、人の生活を感じられる温かな灯りを描きたいのだと思います。 うすい青紫色の空、そしてその空の色に染まるベニスの建物と、その中で暮らす人を照 ...

    ●Venezia ベニスに灯りがともるころ


  • 制作年:2021年

    スケッチ作品として描いたものです。 これは実際の風景なのですが、小さな灯りに救いを求める私の気持ちが投影された心象 風景でもあります。 最近の私は、人の生活を感じられるような温かな灯りを描きたいのだと思います。 アルタミラ壁画で有名な北スペインのサンティジャーナ デ マール村の夕餉前の風景で...

    ●Santillana de Mar 帰路の灯り


  • 制作年:2021年

    私は朝や夕の空の色が好きです。 空の色は同じようですが、実は毎日、毎分と変わっています。 それはまるでその時の私の気持ちが映されているように。 私はこの空のシリーズで、大きな空に私の心情と、余白の美しさを表現しました。 この比率で描いたのはスペインで見上げる空の大きさを描きたいと思ったからで...

    ●The Sky of Favaritx 日が昇るまでに・・・


  • 制作年:2021年

    私は朝や夕の空の色が好きです。 空の色は同じようですが、実は毎日、毎分と変わっています。 それはまるでその時の私の気持ちが映されているように。 私はこの空のシリーズで、大きな空に私の心情と、余白の美しさを表現しました。 この比率で描いたのはスペインで見上げる空の大きさを描きたいと思ったからで...

    ●The Sky of Favaritx 夜明けのシルエット


  • 制作年:2021年

    私は朝や夕の空の色が好きです。 空の色は同じようですが、実は毎日、毎分と変わっています。 それはまるでその時の私の気持ちが映されているように。 私はこの空のシリーズで、大きな空に私の心情と、余白の美しさを表現しました。 この比率で描いたのはヨーロッパで見上げる空の大きさを描きたいと思ったから...

    ●The Sky of St.Ives 夏の宵


  • 制作年:2021年

    私は朝や夕の空の色が好きです。 空の色は同じようですが、実は毎日、毎分と変わっています。 それはまるでその時の私の気持ちが映されているように。 私はこの空のシリーズで、大きな空に私の心情と、余白の美しさを表現しました。 この比率で描いたのはいつもスペインで見上げる空の大きさを描きたいと思った...

    ●The Sky of Salamanca 智を求めるならばサラマンカへ


  • 制作年:2021年

    私は朝や夕の空の色が好きです。 空の色は同じようですが、実は毎日、毎分と変わっています。 それはまるでその時の私の気持ちが映されているように。 私はこの空のシリーズで、大きな空に私の心情と余白の美しさを表現しました。 この比率で描いたのはいつもスペインで見上げる空の大きさを描きたいと思ったか...

    ●The Sky of Soria お羊様のお通り


  • 制作年:2021年

    私は朝や夕の空の色が好きです。 空の色は同じようですが、実は毎日、毎分と変わっています。 それはまるでその時の私の気持ちが映されているように。 私はこの空のシリーズで、大きな空に私の心情と余白の美しさを表現しました。 この比率で描いたのはいつもスペインで見上げる空の大きさを描きたいと思ったか...

    ●The Sky of Sitges 朝雲


  • 制作年:2021年

    ここ数年、空を大きく描くことで、私はその時の自分の心情を表現してきました。 それは今も変わりませんが、このコロナで家に閉じこもる日々を経験し、新たな発見と して得たものは、限られた狭い空間から見える小さな空や光にも、私は希望を感じるよ うになったということです。 それを私なりに表現したのがこ...

    ●The Light I Felt in Venezia 私が見た光


  • 制作年:2020年

    外出禁止令が出ているコロナの自粛期間中に描いた絵です。 外に出られないというストレスが絵にも表れたのか、 いつもの、どおってことのないそぞろ歩きが懐かしく、愛おしいと感じて描きました。 モロッコのカサブランカ、雨が上がった夕餉前、沈む日に染められた街をそぞろ歩く人 々の風景です。 ...

    ●After the rain in Morocco 雨上がりの夕焼け


  • 制作年:2020年

    外出禁止令が出ているコロナの自粛期間中に描いた絵です。 外に出られないというストレスが絵にも表れたのか、 いつもの、どおってことのない夜の散歩が懐かしく、愛おしいと感じて描きました。 スペイン、サラマンカにある川沿いの道を、満月の中、そぞろ歩く人の風景です。 タイトル:A wal...

    ●A walk with the moon in Salamanca 月と散歩


  • 制作年:2020年

    外出禁止令が出ているコロナの自粛期間中に描いた絵です。 児童文学の「青い鳥」の中に出てくる文章をタイトルにしています。 目の端に映る、何気ないものを描きたかったのです。 タイトルは自分へのメッセージです。 ショパンがジョルジュサンドと暮らしたマヨルカ島の家の庭にあった、 タイルでできた小さ...

    ●A small cross in Valldemossa village 幸せは外にあるのではなく内


  • 制作年:2020年

    外出禁止令が出ているコロナの自粛期間中に描いた絵です。 フォンテーヌブローで泊まらせてもらった家の階段から外を眺めた風景です。 この期間中ずっとそうだったので、家の中から外を見るという構図が気になったのだと 思います。 デンマークの画家ハマスホイや、フランスのシダネルの影響もあったかもしれま...

    ●Landscape from a small window 小窓からの風景


  • 制作年:2020年

    外出禁止令が出ているコロナの自粛期間中に描いた絵です。 たまに行くレストランの、私がいつも座る席から見える風景です。 でも今は都市封鎖で行けません。 今の期間中ずっとそうだったので、屋内から外を見るという構図が気になったのだと思 います。 タイトル:My favorite ta...

    ●My favorite table. お気に入りの席


  • 制作年:2020年

    外出禁止令が出ているコロナの自粛期間中に描いた絵です。 コッツウォルズの平原にいた羊の家族です。ただ黙々と飯を食う羊の家族です。 なぜか、ただそれだけを描きたくなりました。 タイトル:Family Scene 家族の風景 サイズ:22 x 33 cm ...

    ●Family Scene 家族の風景


  • 制作年:2017年

    Secret Garden (秘密の花園)シリーズの集大成の意味を持つ作品です。 スペイン大使館での個展に使いました。メイン作品の一つでした。 冬の場合は少し他の季節の花も混ざっていますが、 春、夏、秋はその季節の花を転写で使っています。 この縦の構図の場合、屏風にしたら、なお面白かった...

    ●Secret Garden Four Seasons 2017


  • TOP
    Information
    Gallery
    profile
    Column
    Diary
    Contact

        
    This site is available in Japanese only.
    We recommend you using a browser equipped with Japanese characters.
    当サイトに掲載されている画像および文章の無断転載・使用を禁じます。
    YOSHINOSUKE.NET is produced by YOSHINOSUKE KOZU.
    Copyright © 2001 - 2021 YOSHINOSUKE KOZU All Rights Reserved.